So-net無料ブログ作成

人生経験のカテゴリ記事一覧

forest-868715_640_h100.jpg

トレンド道場

トレンド訓練生の修行場所 それこそがトレンド道場。
トレンドマスターを目指して、今日もトレンドを追い求める・・・

カテゴリ:人生経験

人生経験のカテゴリ記事一覧。トレンド訓練生の修行場所 それこそがトレンド道場。トレンドマスターを目指して、今日もトレンドを追い求める・・・

人生経験
浪曲に出会った、唐木恵子さん。自分が生涯を賭けるものはこれだ、と確信しました。浪曲師に弟子入りするまでにも、紆余曲折がありました。芸の道で生きていくことは、入り..

記事を読む

人生経験
浪曲師・春野恵子として活躍中の、唐木恵子さん。持ち前の冒険心で、『 電波少年 』の「 ケイコ先生 」として挑戦してきました。「 ケイコ先生 」のキッカケとなった..

記事を読む

人生経験
『電波少年』でブレイクしたケイコ先生こと唐木恵子さんが、浪曲師・春野恵子として活躍しているそうです。ケイコ先生という、名前は記憶にありますが、『 電波少年 』っ..

記事を読む

ケイコ先生こと唐木恵子さん 「 芸の入り口 」

lights-356001_640.jpg

浪曲に出会った、唐木恵子さん。


自分が生涯を賭けるものはこれだ、
と確信しました。


浪曲師に弟子入りするまでにも、
紆余曲折がありました。


芸の道で生きていくことは、
入り口の段階でも
覚悟が試されるようです。


今回は、
芸の道に入るまでの、
唐木恵子さんの苦労について
です。


唐木恵子さん、相談する


浪曲師になろうと決意した、
唐木恵子さん。


時に大胆に行動する唐木さんですが、
きちんと
段階を踏んで行動しています。


今回はまず、
浪曲師の国本武春さんに
相談しました。


その結果、
浪曲のテープを渡されて、
たくさんの浪曲を聴きなさい、
と言われたそうです。


何事にも、段階があります。


好きこそモノの上手なれ
という言葉があります。


芸事の修行は、
自分との戦いの部分がありますので、
好きではないことは、
長続きしないでしょう。


そして、
浪曲師になった後も、
浪曲を聴きこむということは、
必須です。


それを熱心にできるぐらいじゃないと、
浪曲師として成功しない
ということではないでしょうか。


浪曲のテープの中には、
2代目春野百合子さんの浪曲がありました。


後に、
唐木恵子さんが弟子入りする師匠です。


唐木恵子さん、念を入れる


持ち前の冷静さで、
他の人からも情報を聞いたようです。


色々な人から話を聞くことは、
調査の基本ですよね。


浪曲師ではなく、
落語の立川談志さんに聞いたそうです。


浪曲師という立場からではない、
そんな意見が聞きたかったんでしょうね。


お客さんとしての立場からのお勧めが
知りたかったらしく、
実際に聞く際は、
浪曲家になりたいことは伏せて、
こう聞いたそうです。


浪曲を聴くなら誰がお勧めですか 」と。


すると、
2代目春野百合子だ
と返ってきました。


立川談志さんに聞いたのは、
2代目春野百合子さんの浪曲を聴いた後
だったらしく、
その素晴らしさを体感済みでした。


そのため即座に、
弟子入りの決断ができたようです。

» 唐木恵子さんの 「 直談判 」 はこちら

「 ケイコ先生 」こと春野恵子さんが、東大受験でもらった財産

crown-304903_640.png

浪曲師・春野恵子として活躍中の、
唐木恵子さん。


持ち前の冒険心で、
電波少年 』の「 ケイコ先生 」として
挑戦してきました。


「 ケイコ先生 」のキッカケとなった
東大は、受験勉強自体においても
大きな財産をくれたようです。


その大きな財産とは・・・


相撲と東大受験


東大受験のキッカケは、
相撲
だったそうです。


相撲に関わりたかったらしいのですが、
女性なので、力士や行司、床山には
なれません。


しかし、
おかみさんになって陰から支えるタイプ
でもない、ということで、思いついたのが、
スポーツ科学を学んで支えることでした。


この辺りの
見切りのつけ方の感覚と合理的な考えが、
東大受験でも役立ったようです。


先駆者を目指す


スポーツ科学に行き着くまで、
いろいろと調べたようです。


そして、「 これならば 」という感触を
スポーツ科学に感じたようです。


その時の目標が、相撲界での
最新トレーニングの先駆者だったそうです。


最先端を目指すあたりは、気性でしょうか。
先頭に立って革新的なことをするのが、
好きみたいですね。


東大に親しむ環境


東大受験となったのは、調べていた過程で、
東大でスポーツ科学が学べることが分かった
からだそうです。


ここでイキナリ東大とでてくるのは、
おじいさん、お父さんと東大の出身で、
お姉さんも東大の法学部出身だという
こともあるのでしょうか。


そんな環境にいると東大が身近に感じられる
のかもしれませんね。
加えて、家も東大の近くにあったそうです。


もっとも、本人の気性から、
学問のトップということで、
東大を自然と目指したのかもしれません。


F判定からのスタート


東大へ行こうと決めたものの、
当時の成績では、
とても無理だったそうです。


高校3年生の夏に受けた模試で、
東大の判定はFだったそうです。


残り1年もないうちに巻き返した、
ということですから、
爆発力があるんでしょね。


その爆発力は、
『 電波少年 』でのブレイク
や今の浪曲での活躍に
つながっているのかもしれませんね。

» 大きな財産については、こちらへ

浪曲師・春野恵子『電波少年』の経験も糧に

winter-198447_640.jpg

『電波少年』でブレイクした
ケイコ先生こと唐木恵子さんが、
浪曲師・春野恵子として
活躍しているそうです。


ケイコ先生という、
名前は記憶にありますが、
『 電波少年 』って
どんな番組だったでしょう?


思い出すために、
少しおさらいしてみましょう。


『 電波少年 』って何?


電波少年シリーズは、
日本テレビ系列で放送された
バラエティ番組です。


『 進め!電波少年 』、
『 進ぬ!電波少年 』、
『 電波少年に毛が生えた最後の聖戦 』
と、シリーズが続きました。


1992年7月頃から
2003年の2月頃まで
放映されたようです。


無名若手芸人による、
数々の奇抜な体当たり企画
が人気でした。


シリーズ全ての
第1回のゲストが高田純次さん
といえば
イメージが沸くのではないでしょうか。


ロケはアポなしで行なわれます。
「 ヒッチハイクの旅 」の猿岩石さん、
「 懸賞生活 」のナスビさんたちが
人気でした。


全盛期には、
視聴率が30.4パーセント
記録していたようで、
日本テレビの黄金期を
支えた番組の1つです。


ケイコ先生こと唐木恵子さんは、
「 電波少年的東大一直線 」
という企画において、
お笑い芸人坂本ちゃんの
家庭教師・ケイコ先生として、
人気を博しました。


芸能界に入ったきっかけ


唐木恵子さんは、
大学卒業後、
出版社に就職しました。


単行本の編集を担当して
楽しかったらしいのですが、
夢を諦めきれずに、
25歳で退社を決意したようです。


本当にやりたいことに挑戦しないで
後悔したくない、
そんな思いだったそうです。


思い切った挑戦を、
したものですねぇ。


しかし、
本当にやりたいことをあきらめて、
情熱をくすぶらせておく事も
つらいものですしね。


そんな思いを抱えて、
芸能界に入るために、
いろいろ調べたようです。


役者をしっかり育てている
プロダクションを、
自分なりにきちんと調べて、
履歴書を送ったそうです。


しかし結果は、
『 電波少年 』でデビュー
となりました。
うまくいかないものですねぇ。


さてそれでは、
どんな経緯で『 電波少年 』に出演、
となったのでしょうか。

» 『 電波少年 』 出演の経緯については、こちらへ

Copyright © トレンド道場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。