So-net無料ブログ作成

音楽のカテゴリ記事一覧

forest-868715_640_h100.jpg

トレンド道場

トレンド訓練生の修行場所 それこそがトレンド道場。
トレンドマスターを目指して、今日もトレンドを追い求める・・・

カテゴリ:音楽

音楽のカテゴリ記事一覧。トレンド訓練生の修行場所 それこそがトレンド道場。トレンドマスターを目指して、今日もトレンドを追い求める・・・

音楽
鈴木杏樹さんの後任司会!仲間由紀恵さんに決定!『ミュージックフェア』の鈴木杏樹さんの後任が仲間由紀恵さんに決まりました。鈴木杏樹さんといえば、みなさんお馴染みの..

記事を読む

音楽
『 水曜日のカンパネラ 』がMステに初出場!『水曜日のカンパネラ』というバンドを知っていますか?恥ずかしながら、私は今日まで知りませんでした。通称、“ 水カン ..

記事を読む

4月2日 『 ミュージックフェア 』 鈴木杏樹さんの後任!仲間由紀恵さん

acoustic-guitar-149427_640.png

鈴木杏樹さんの後任司会!仲間由紀恵さんに決定!


『ミュージックフェア』
の鈴木杏樹さんの後任
が仲間由紀恵さんに決まりました。


鈴木杏樹さんといえば、
みなさんお馴染みの、
ミュージックフェアの顔
といっても過言ではありません。


今年3月に卒業が決まり
ずいぶん惜しまれ
後任が誰になるのか
取りざたされていましたが、
仲間由紀恵さんが起用されました。


仲間由紀恵さんといえば・・・


仲間さんといえば
『 TRICK 』や『 ごくせん 』
で有名ですが
司会業も着実に経験していることは
ご存知でしょうか。


音楽番組での司会業のキャリア


仲間さんは、
紅白で4回、レコード大賞で2回の
計6回、司会を経験しています。
詳しくは、以下の通りです。


2005年に
『 第56回NHK紅白歌合戦 』で
初の紅白司会を務めたことから始まって
翌年の『 第57回NHK紅白歌合戦 』で
2回目の司会を務めました。


2008年には
『 24時間テレビ「愛は地球を救う」』で
初のチャリティーパーソナリティーを経験し
『 第59回NHK紅白歌合戦 』で
3回目の司会を務めました。


その後も『 第60回NHK紅白歌合戦 』で
4回目の司会を務め
2014年の『 第56回日本レコード大賞 』で
初のレコード大賞司会を務めます。


そしてその翌年の
『 第57回日本レコード大賞 』でも
司会を務め
計6回の司会を経験しています。


こう見てみますと
音楽番組での司会のキャリアを
着実に経験していることが分かりますよね。


レギュラーの音楽番組は初めてだそうですが
安心して見てられそうですよね。


仲間由紀恵さん起用の理由


仲間さんは歴代司会の伝統どうりに、
「 番組のイメージに合う
清潔感と品格を備えた
輝いている女優 」
として選ばれました。


仲間由紀恵さんなら、納得ですよね。


仲間さんといえば
2014年の9月18日に
俳優の田中哲史さんと結婚しましたよね。


その後の12月に
『 第56回日本レコード大賞 』
の司会をしました。


仲間さんにとって音楽番組の司会は、
特別な存在かもしれませんね。


仲間由紀恵さんの、
今後の司会活動に期待大です。

» ミュージックフェアの歴代司会者についてはこちらへ

祝!『水曜日のカンパネラ』Mステ出場!「桃太郎」「ラー」披露!

ripe-1148026_640.jpg

『 水曜日のカンパネラ 』がMステに初出場!


水曜日のカンパネラ
というバンドを知っていますか?
恥ずかしながら、
私は今日まで知りませんでした。
通称、“ 水カン ”というらしいですよ。


『ヤフオク』のCM
で知名度が上昇している、
期待のバンドだそうです。


その水カンが、
2月26日金曜日の
『 ミュージックステーション 』に出演
して、人気曲の「 桃太郎 」と「 ラー 」
を披露するそうです。


桃太郎といえば、
あの鬼退治をする桃太郎でしょうか。
ユニークな曲のようですね。


結成時からこだわりアリ


結成は2012年のようです。
「 クロールと逆上がり 」という曲で、
インディーズ・デビュー
を果たしたみたいですね。


クロールと逆上がりがどう絡むのか、
気になるところです。


デビュー当時は、
アイドル全盛時代だったようです。
差別化戦略として、
パンキッシュなライブ・パフォーマンス
をして、独自路線を走ってきたようです。


そして、
こだわりのミュージックビデオを
YouTubeで発信し続けたことも、
ブレイクへのきっかけとなったようです。


全体の作品作りに、
独特のこだわりがあるようですね。
ライブに行ったら楽しそうです。


エンターテーメント集団


水カンは、
ステージに立つコムアイが注目されますが、
実は3人組ユニットのようです。


上手く役割分担をして、
エンターテーメントを創り上げている
のでしょう。


役割分担としては、
主演/歌唱/作詞担当のコムアイさん、
作詞/作曲/編曲担当のケンモチヒデフミさん、
それ以外担当?のDir.Fさん
となっているようです。


楽曲のセンスの良さとクオリティの高さにも
注目してみてください。


ケンモチヒデフミさんが手掛けるサウンドは
遊び心のある音作りに加え、
クスッと笑えるような、
完全日本語な歌詞も魅力のようです。


それをコムアイさんの歌う独特なラップで、
楽曲の魅力を引き出しているようです。


「 桃太郎 」、
「 マリー・アントワネット 」、
「 千利休 」、「 小野妹子 」

「 ドラキュラ 」、「 二階堂マリ 」、
「 ナポレオン 」


楽曲には、
誰もが聞いたことがあるような人物名
が多く登場します。


それだけでも、
親しみをもてますよね。


それをコムアイさんが、
ステージで演じていくのです。


Dir.Fさんは謎の人物という設定で、
舞台監督として
総指揮をしているようです。
( 謎ですが……)

» ”水カン”の今後の展開はこちらへ

Copyright © トレンド道場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。